障害者向け

医療証って知ってる?保険診療の自己負担分を無料にする方法

「医療証」ってご存知ですか?

正確には「重度障害者医療費助成」といいます。

簡単に言うと、保険診療でいつも自己負担している医療費(3割)が無料になるのが医療証です。

具体的な例でいうと、僕は鼻炎持ちで耳鼻科に通っているのですが、耳鼻科の診察代、薬局のお薬代が0円です。医療証があると診察代などが無料になります。

ただ、医療証は万能ではなく制限があります。そのことについて詳しく説明します。

 

医療証って何?

健康保険証みたいなもの思ってもいいです。例えばですが、健康保険証がないのに病院で診察を受けたら5000~10000円ぐらい負担しなければいけないのはわかると思います。

健康保険証があると7割国が医療費を負担してくれますよね。この残りの3割を負担してくれるのが医療証です。

「え、0割負担?」

って驚く方もいるかもしれませんがそうです。病院で会計のときにありがとうございましたっていってそのままお金を払わずに帰れます。

普通に考えて凄いですよね。ただ、助成が凄いのですが欠点があります。

 

市によってはそもそも医療証という存在がない

市によっては医療証といっても「何それ?」ってなるかもしれません。医療証は日本どこでも存在しているわけではなく福祉が厚い市ではないともらえません。

 

まず障害者手帳の等級が高くないと申請できない

  • 身体障害者手帳が1級、または2級
  • 精神障害者保健福祉手帳が1級、または2級
  • IQが35以下
  • 身体障害者の方でIQが50以下である

僕の住んでる市ではこうなってます。

例えば精神障害者保健福祉手帳が3級だともらえません。

 

どうやって申請するの?

市役所で手続きします。

  • 健康保険証
  • 障害者手帳
  • 印鑑
  • マイナンバー、個人番号など

必要なものはこの4つです。手続きは30分ぐらいで終わりますよ。必要なものは市によって違うかもしれません。不安なら市役所に電話して聞くといいでしょう。

 

手続きが終わったらその場で医療証が交付される

障害者手帳と同じく手続きが済んだらその場で医療証が交付されます。

医療証は紙でできているため水に弱く、折ろうと思えばすぐに折れます。そのため、交付されたらすぐに小型のクリアファイルなどで包むことをおすすめします

 

 実際に使ってみよう

注意点ですが、使える条件があって自分が住んでいる県の病院しか使えません。県外の場合は病院の診察代のレシートを保管しておいて、半年か1年まとめて市役所で請求すると全額の医療費が戻ってきます。

県内の病院だと以下の通りになります。

  1. まず病院で受付の人に健康保険証と一緒に医療証などを提出する
  2. 診察を受ける
  3. そのまま薬の紙をもらって終わり

こんな感じです。

また、もらった時期によっては医療費が戻ってくる場合もあります。実際に僕は歯医者でいつも3割負担していたのですが、途中で医療証を提示するようになったらその前に払っていた医療費が全額戻ってきました。

医療証が使えないこともある

保険適用外の手術、例えば整形だったりは駄目です。その他にも、予防接種、入院代は医療証では負担してくれないのでこればかりは自分で負担するしかありません。

また、さっきも書いた通り県外では使えないため医療証を提示しないで病院の全部レシートをとっておき、市役所でまとめて請求しましょう。

まとめ

医療証は知ってる人が少ないため、ネット上にはあんまり情報が上がってません。ただ、福祉タクシー利用券以上に助成が凄いです。そのため、自分の市に医療証があるなら迅速に申請したほうがいいです。障害者手帳が2級以上なのに申請してない人はもったいないですよ。