ブログ運営

二次創作イラストブログでアフィリエイトは駄目!ガイドラインとグレーゾーン

突然ですが二次創作イラスト記事を約60記事削除しました。

二次創作イラスト描くのは楽しいですよね。しかし、二次創作イラストは本来は著作権法違反に当たります。

僕も実際描いていたのですが流石に情報を発信するブログで二次創作イラストを発信するのはまずいと思い記事削除に至りました。

法律のような専門的なものは僕の専門範囲外なのでここではブログで二次創作イラストを書いた僕がどうなったのかを書きます。

その前にそもそも二次創作とは?

僕は原作に登場するキャラクターを利用して第三者が勝手に創作した派生作品のことを二次創作だと解釈してます(正確な解釈ではない)。

厳密には二次創作は先程行ったように著作権法違反に当たります。

pixivやツイッターなのでよく見るのが二次創作ですが、なぜ著作権違反に当たるのに逮捕されないのか。それは親告罪なため、原作の権利者が訴えない限り事件にはならないからです。

しばしばこのことをグレーゾーンという言葉が使われますが、グレーゾーンだからって大丈夫ってわけではなさそうです。

実際に二次創作を描いてみてそれをブログに投稿してみた

以前僕ははてなブログで二次創作イラスト記事を投稿してましたが、結論からいうと有料ブログに移転する際に全部記事を削除しました。理由は以下の通りです。

  • サイトのサーバー元が二次創作を認めていない
  • アフィリエイトサービス全般が二次創作を認めていない可能性が高く、広告を貼るためにサイトに応募してみても審査の段階で落とされる場合が多い。

この2つが主な理由です。

無料ブログと有料ブログの最も大きな違いはお金が発生するか否かになります。

無料だったらいいわけではないのですがお金が発生すると、とたんに今までできていたことが制限されます。

無料ブログの場合はブログ削除で解決なのですが有料ブログを削除する場合は今まで払ってきたサーバー代やドメイン代が無駄になってしまいます。

今まで積み上げてきたものが無駄にならないように本格的にブログでイラスト記事を書きたい場合は早い段階でオリジナル、一次創作をすることを勧めます。

そうじゃないと僕みたいに記事を削除する羽目になります。

二次創作を公認しているジャンルに関しては?

実際に有名なジャンル、「艦これ」を例に見てみましょう。

公認=なんでも二次創作していいわけではない。

ここでポイントになるのがツイートに書いてあるとおり公序良俗に反するものや、開発元に迷惑が掛かるものは駄目なんです。

つまり、二次創作でもよくある薄い本は開発元が公認してないしアウトの可能性が高いです。ただ、艦これの薄い本を出して逮捕された人は見たことがありませんが、あまりリスクを冒すような行為は避けたほうが無難でしょう。

このように二次創作OKといわれるものでもガイドラインがあるので二次創作をしたい場合は必ずガイドラインに目を通しておきましょう。

ブログで性的なイラストを公開するのはやめたほうがいい

二次創作とは違いますが性的なイラストもやめておくべきです。

お色気イラストは公序良俗に反しているため、ブログでお色気イラストを投稿するのはやめたおいたほうがいいでしょう。

どんなイラストかというと肌の面積が広いイラスト、水着姿だったり下着姿だったり、シースルーがそうですね。性的なイラストは控えたほうがいいでしょう。もっとわかりやすくいうと子供に見せられないものは駄目です。

実際に僕はオリジナルのお色気イラストを描いてましたがこれも削除する羽目になりました。

やっぱり、このようなイラストが描いてあるようなサイトに広告を貼られると広告元のブランドイメージが落ちるからだと思います。

詳しくは規約(禁止コンテンツ)を参照してみてください。規約はかなり厳しいですよ。

まとめ

今まで散々二次創作のお色気イラストを描いてきた僕がこんな記事を描くのもどうかと思いますが、僕みたいな羽目にならないためにも「ブログを本格的に始めたい!」と思う方は今のうちにイラストを描いている方は一次創作で頑張ることをおすすめします。