ワキガ

レクソーナのロールオンはワキガに効く

「Rexona MEN ICE COOL」、日本語だと「レクソーナ メン アイスクール」というデオドラントを紹介します。

結論からいうとロールオンタイプの制汗剤が欲しいならこの「Rexona」というメーカーから選ぶのがド安定です。当たりだと思ったデオドラントの一つになります。

それではこのデオドラントの特長についてレビューしていきます。

特長

  • 海外製では珍しいロールオンタイプ
  • Made in インドネシア
  • 48H持続
  • 50ml
  • ワキガに効果的
  • アルミニウム配合

注目したいのがロールオンタイプのデオドラントという点です。これは海外製だと珍しく海外デオドラントといえばソリッド(固形タイプ)が主流なんですよね。

ロールオンのメリットとして擦るというよりは塗るという感じなのでワキに負担がかかりづらく何回も塗るのに向いています。ソリッドタイプは固いものがありたまに擦ってる最中に痛いと感じることもあるのでロールオンタイプはその点好きです。

バクテリアの発生を抑えるアンチバクテリアも存在しますが今回は別種類のものにしました。

レクソーナは種類が豊富

レクソーナにはいろいろ種類があります。

  • 男性用と女性用(MEX,WOMEN)
  • 無香料タイプ
  • アンチバクテリアルディフェンス(この種類のみバクテリアの発生を抑える)
  • ICECOOL等、色々なバリエーションの香りがあるタイプ

おすすめはアンチバクテリアルディフェンスか無香料ですね。バクテリアの発生を抑える効果があるらしくこれはただ防臭効果を謳った製品とはまた違う独自性がありこれは注目ですね。

無香料もおすすめできますが無香料でもちょっとだけ製品臭があるパターンがよくあるのでこれは買ってみるまでわかりませんね。あと無香料は若干防臭効果が薄いこともあります。

僕が違う種類を買うとしたらアンチバクテリアルディフェンスですね。

外観

パッケージはいかにも制汗剤といった感じですがサイズもほどよい大きさで携帯に向いていてGoodです。手で握りやすく塗るときも塗りやすいです。

 

開けるとこうなっていて特に塗りづらかったりはありませんでした。ロールオンもちゃんと動きます。

 

実際に使ってみた感想

香り、制汗効果、使用感、効果、肌へのやさしさについてそれぞれ説明します。

香り

ひとことでいうと男性用ワックスのような香りがして、それに加えてスパイシーな匂いします。匂いの程度は海外製にしては強烈なものではなく日本人にも受け入れられるのではないでしょうか。

比較としてはシークレットクリニカルストレングスよりも控えめな香りです。

制汗作用

僕は多汗症です。残念ながらこの製品でも汗を抑えられますが完全には抑えられません。時間が経つと少しずつ汗をかいていきます。

しかしながら、今まで15種類以上デオドラントは使ってきましたが完全に汗を抑えるデオドラントは存在してません。そのため制汗作用はデオドラントに期待しすぎないほうがいいです。もし仮に完全に汗を抑えるデオドラントがあったとしたらそれは相当体に悪いデオドラントだと思います。

使用感

塗るときにも肌に負担が掛からずGoodです。塗りやすさでいったらロールオンタイプが一番好きです。

肌への優しさ

肌への異常はありませんでした。

防臭効果

中度~軽度の方はしっかりワキのケアをしたうえでこのデオドラントを夜か翌日の朝に塗れば翌日の夕方までは臭いを抑えられるはずです。重度だと数時間経つと突破されます。

比較としてはシークレットクリニカルストレングスよりも効果は少し薄く、ライトガードやDegreeよりも上といったところでロールオンタイプとしてはたいへん優秀です。しかしながらシークレットクリニカルストレングスは製品臭がきついのでにおいが混じってしまうというデメリットもあります。

このレクソーナのメリットは比較的製品臭がきついなどのデメリットがなく肌にも負担がかかりづらくコスパも悪くないという長所があります。下手な固形タイプよりも効果があり普段使いに適しています。

正直迷ってる暇があったらいろいろ種類があるので3個ぐらい買っても損ないです。日本製のロールオンよりも断然優れているので日本製のデオドラントを買ってお金を無駄にするぐらいだったら僕はこれを買いますね。

まとめ

香り
使用感
肌への優しさ
効果
制汗作用
総評

ロールオンタイプのデオドラントではこのメーカー一択です。外出しないときに家の普段着を臭くしたくない場面でよく使います。

迷ったらまず試してもらいたいデオドラントのひとつですね。

今回使用したデオドラントはIceCoolですがおすすめはアンチバクテリアルディフェンスですのでそちらもリンク貼っておきます。

関連記事