ワキガ

バニクリームは無臭デオドラントの中で最強

無臭デオドラントの「VANICREAM Anti-perspirant/deodorant CLINICAL STRENGTH」を紹介します。

無臭タイプはスピードスティック無香料が有名ですがこのバニクリームのデオドラントはそのスピードスティックよりも優れている点が多く、個人的に上位互換という認識です。

実はいうと現在はこのデオドラントをメインに使っています。なぜバニクリームのデオドラントをメインに使っているかというととにかく癖がなく使い勝手がいいからです。

無臭、そしてパラベンフリーで体に比較的悪くないのなど普段使いに適していてそれでいて効果も他社の無香料タイプのデオドラントよりも優れているので気に入っています。

特長

  • 無臭デオドラント(うっすら粘土みたいな香り)
  • 64gのわりに若干高め
  • アルミニウム20%配合
  • パラベンフリー

無臭デオドラントですが完全に無臭というわけではなく若干粘土(?)ようなにおいがします。しかし臭いの強度はデオドラントに鼻を密着させるぐらいじゃないとわからないので無臭みたいなものです。実際、周りにある製品で完全無臭のもののほうが少ないと思うのであんまり気にすることではありませんが念のため書きました。

パラベンフリーで体に優しいと謳っていますがアルミニウム20%入ってるのは謎ですね……。でも、僕の使ってきた海外勢デオドラントの90%はアルミニウムが入っているので今アルミニウムは駄目だという考え自体海外だと古いのかなと思ったりもします。

外観

パッケージはいかにも制汗剤やデオドラントみたいにケアしますよっていうデザインじゃないので外で持っていても全く恥ずかしくないのがいいですね。外出先でも使えます。

肌に優しいとアピールしている64gのデオドラントというのが主な特徴でしょうか。

裏はこうなっていて24HR効くと書いてます。24HRって少ないと思いますが72HR持続と謳った商品でも実際は一日ももたないなんてザラなのであんまり○○時間持続というのはアテにしないほうがいい気がします。

またアルミニウム20%配合と書いてありますが特に他のデオドラントと変わった点はありませんでした。

開けるとこうなってます(本当は中にカバーがあります)。

 

実際に使ってみた

香り

無臭ですね。スピードスティックよりも粘土臭が若干少ない気がします。いいですね。

使用感

塗り心地も固すぎません。またスピードスティックよりも塗るときワキが痛くなりづらく感じます。

強いていうならダイヤルは若干回しやすすぎて中身が出しすぎそうになるなというぐらいです

肌への優しさ

肌の湿疹が出ることもかゆくなることもなく異常もありませんでした。パラベンフリーなので肌には優しい部類のデオドラントだと思います。

肌が白くなりづらい

塗ったときに肌がしろくなってしまうデオドラントがよくあるのですが比較的これは肌がしろくなったりカスができづらいほうです。

手に塗るとこんな感じです。

防臭、消臭効果

今まで使ってきた無臭系デオドラントの中一番効きました。なにより製品臭とワキガの臭いが混じることがないので総合的にみるとシークレットクリニカルストレングスよりも上かなといった印象。

中度~軽度なら間違いなくこれがおすすめです。重度だと数時間で突破されると思いますが他のデオドラントよりも明らかに効果は上です。そもそも重度のワキガだとどのデオドラントでも丸一日防ぎきるのは無理という結論が僕の中で浮上してます。

制汗作用

何も塗らないと僕は多汗症でワキ汗だらだらなのですがこのバニクリームのデオドラントを塗ると30~40%ぐらいワキ汗が減ります(体感)。

しつこいですが多汗症を完全に改善するデオドラントのほうが珍しいですし、多汗症はボトックスなど病院にいくしか改善は無理だと思います。病院でも治るか怪しいですしこれは我慢するしかないのかなと開き直ってます。

まとめ

製品臭
使用感
肌への優しさ
防臭効果
制汗作用
総評

このデオドラントの最大のメリットは無臭なのでワキガの臭いが混じることがないことです。無臭のデオドラントというとスピードスティックみたいに効果が薄いものが多い印象ですがこれは効果があるほうですね。実際に僕も現在これをメイン(外出時)に使っています。

ただ、製品の匂いがないので若干香水みたいに匂いが欲しいという場合は若干塗っててつまらないと思う方もいるかもしれません。たぶんこの記事を見ている人はワキガの臭いを抑えるほうが大切だと考えているはずなのでそこは気にする必要はなさそうです。

ただコスパが悪いのでここぞというときにバニクリームを使って普段は違うデオドラントのレクソーナを塗るというのもアリかもしれません(レクソーナも若干コスパが悪いですが……)。そのへんは臨機応変に対応していきたいですね。

関連記事